光と音楽がギャンブル行動に与える影響

明るい色の照明、たくさんの人々、陽気な音楽というのが、典型的なカジノの雰囲気です。ギャンブルは世界的に人気があるため、そうした要素がギャンブラーの行動に影響を与えている可能性は高いと言えます。

私たちはギャンブル行動に関する研究を専門に行っています。

質問や疑問がある場合は、チームメンバーまでご連絡ください。最善を尽くしてサポートいたします。

光と音楽がギャンブル行動に与える影響

映画やテレビ番組における照明、色、音楽などは、単に楽しさを作り出す作品の1要素ではなく、私たちの脳に影響を与えていることは知っていましたか?そうした要素は、各シーンや登場人物同士の会話の感情や意味を伝えやすくする効果を持っています。こうした要素によって監督たちは観客を操り、映画を見たいという気持ちにさせます。最近の研究によると、これは現実世界で私たちが触れている照明や音にも当てはまることが明らかになっています。

カジノ、レストラン、バーなどは、数十年前から照明や音楽が客の気分と店内の雰囲気に与える影響を探ってきました。「光と音楽がギャンブル行動に与える影響」という題で実験的研究を行った研究者らは、様々な照明や音の環境下での人々の反応をテストしました。その結果、赤い照明とハイテンポな音楽によって、プレイヤーはより速いテンポでゲームの展開を望むようになることが明らかになりました。同じ実験が青色の照明でも行われました。この場合、赤色で示された効果は弱まることが明らかになりました。ハイテンポな音楽は賭け金には影響しませんでしたが、プレイヤーのギャンブルスピードは高まりました。

 プレイヤーごとにも聞いている音楽は異なります。ポーカープレイヤーはトーナメントでヘッドホンを着用することが多く、好きな音楽を聞くことが好結果に繋がっています。大半のプレイヤーは落ち着いた音楽を聞いています。スロットマシンの音楽は、音量が大きすぎてプレイヤーを不快にさせるようなことは、通常ではあり得ません。ソフトな音楽で、プレイヤーを引きつけると言われています。こうした音楽は、プレイヤーを長時間惹きつけ、次回の来店時に同じマシンでプレイしたくなるような気分にさせるものが選ばれています。

「ジャーナル・オブ・サイコロジー」誌に掲載された別の研究では、ビデオゲーム音楽がプレイヤーの体験感覚に与える影響について実験が行われました。その結果、ゲームのBGMに耳を傾けていたプレイヤーの方が、そうでなかったプレイヤーよりもゲームにより深く没入していたという結果になりました。自分のプレイ時間についての質問に対しては、BGMを聞いていなかったプレイヤーの方がより正確に回答するという結果になりました。後者の影響については、カジノを後にする際に一部のギャンブラーが時間感覚を失うのに似ていると言えます。カジノにおける音楽と照明の効果、そして窓やカーテンがないという環境により、ギャンブラーは時間感覚を大きく狂わされていると言われています。

あなたがギャンブルでお金を失う理由トップ5

カジノで間違った賭け方をしている – カジノは常にプレイヤーよりも有利であり、プレイヤーの勝率は低いです。

1ゲームに賭ける金額が多すぎる – ハウスエッジ(控除率)が低いゲームだからといって、大金を賭けてしまっては良い結果は期待できません。

ベッティングシステムを使っている – 大半のベッティングシステムは運に依存しており、それらを利用することで損失が倍になってしまう可能性もあります。

ギャンブル問題を抱えている – ついギャンブルをし続けてしまうという場合、その影響を考えずにお金をすべて注ぎ込んでしまいたくなります。

失ってはいけないお金でギャンブルをしている – 負けて失う可能性があるのに、使うべきではないお金をギャンブルに注ぎ込んではいけません。